カナガン 猫 腎臓

カナガンは慢性腎臓病の猫ちゃんでも食べて大丈夫なの?

 

カナガンは他のフードに比べ腎臓に優しいフードです。

 

猫ちゃんに多い腎臓病。

 

腎臓病でも食べて大丈夫なのか調べてみましょう。

 

まず猫ちゃんの腎臓病を引き起こす原因として考えられるものは次のような内容です。

  • 塩分の過剰摂取
  • 添加物入りのフード
  • フードを与えすぎる。
  • 肥満

などが挙げられます。

 

店頭に並んでいる安いフードは穀類でかさ増しされている為、消化に負担がかかり肉食動物の猫ちゃんには不向きです。

 

一方カナガンは平飼いチキンをたっぷり使用し、穀類を一切使用していないグレインフリーのフードなので、腎臓に負担をかけにくくなっています。

 

またタンパク質、塩分、オメガ脂肪酸などもバランス良く配合されています。

 

その為店頭に並んでいるフードに比べるとカナガンは圧倒的に腎臓に優しくなっています。

 

ただ慢性腎不全になってしまうと、残念ながら元通りに回復することはありません。

 

病院で治療となっても、基本的に治療というよりも進行を遅らせるという対応になってしまうのです。

 

腎臓病は特に肥満気味の猫ちゃんに多くみられます。

 

猫ちゃんは元々腎臓病にかかりやすい動物なのですが、肥満だと更に腎臓病のリスクを高めてしまいます。

 

適度な運動・適正量のご飯で肥満を防いであげるのが大切ですね。

 

店頭に並んでいるフードは何が悪いのか?

  • 塩分が多い
  • 穀類が大量に使われている
  • 肥満や糖尿病になりやすい

 

なぜ穀類が悪いのかというと、猫ちゃんは肉食動物なので穀物の炭水化物より、動物性タンパク質が重要な栄養になります。

 

しかしコストが高くついてしまうので穀類でかさ増ししているだけなのです。

 

猫ちゃんの健康を考えて…ではないのですね。

 

それに穀類などの炭水化物を大量に摂取すると、血糖値が上がりやすくなり、肥満や糖尿病の原因になってしまうのです。

 

猫ちゃんは肉食動物なので、満腹中枢を刺激するのは炭水化物ではなく、タンパク質や脂質になります。

 

カナガンは高タンパクのチキンを60%以上使用しているので、ゆっくりと消化吸収され空腹感を軽減してくれます。

 

市販のフードに比べカナガンの給餌量は少ないですが、猫ちゃんに必要な栄養素がしっかりと配合されているので、肥満予防に最適ですね。

 

そしてマグネシウムの量は0.1%前後が好ましいとされています。

 

マグネシウムが多いと下部尿路疾患になるリスクが高まり、急性腎不全を発症する恐れがあります。

 

腎臓病を予防するにはマグネシウムの量も気を付けなければなりません。

 

カナガンはしっかりと基準を満たしています。

 

元々猫ちゃんは泌尿科部疾患や腎臓病にかかりやすい動物です。

 

「15歳以上の猫の30%以上は慢性腎臓病だった」などの報告もあるようです。

 

腎臓病になってからではもう手遅れ。

 

腎臓病にならないように早いうちから、本当に猫ちゃんにとって良いフードを与えてあげて下さい。

 

カナガンは腎臓病を治すフードではありません。

 

でも予防することができるフードです。

 

猫ちゃんが健康でいられるのは飼い主さんしだいです。

 

いつまでも健康でいてほしい猫ちゃんの為に飼い主さんができること。

 

それは健康を第一に考えたフードを与えることだと思います。

 

 

>>今すぐ無料でカナガンを試したい方は必見!
※当サイトでは、カナガン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のカナガン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m