カナガンキャットフード 猫 量

カナガンは一日どれぐらいが適量?量を量るのに便利なものはコレ!

 

カナガンキャットフードは、猫ちゃんの健康を一番に考えた多くの飼い主さんから絶大な支持を集めている、人間でも食べられる最高水準のプレミアムキャットフードです。

 

このプレミアムフードのカナガン。

 

一日に与える量・給餌量は一体どれぐらいが適正なのでしょうか?

 

まず初めにカナガンの1袋は1.5sです。

 

この1袋は猫ちゃん一匹で1ヶ月〜1ヶ月半持つようです。

 

成猫(生後1年以上)は体重で、子猫(生後1年未満)は月齢で給餌量が違うので、ここで紹介したいと思います。

 

○成猫
体重2.5s以下…一日の給餌量25〜35g
   2.5s〜3.5s…34〜45g
   3.5s〜4.5s…45〜60g
   4.5s以上…60g〜

 

○子猫
月齢生後3週間〜2ヶ月以下…一日の給餌量20〜30g
  2〜4ヶ月…30〜55g
  4〜6ヶ月…55〜75g
  6〜12ヶ月…75g〜

 

子猫は栄養をたくさん摂らないといけないので、成猫に比べ給餌量が多くなります。
これを目安に適正な量を与えてあげて下さいね。

 

ただ食事は毎日のこと。

 

正確に与えるには毎回きちんと機械を使い量って…が理想です。

 

愛する猫ちゃんなのでそれぐらいの時間は惜しまない…という立派な飼い主さんも大勢いらっしゃいますが、実際飼い主さんだって忙しいですよね。

 

それに早く食べたい猫ちゃんにせかされてしまいます。

 

そこで、なんとどのご家庭でもある“物”を使って、手軽にフードの量を量ることができるのです。

 

 

カナガンキャットフードを身近な物で簡単に量れないの?

 

それは何と『レンゲ』です。

 

どのご家庭でも大半は家にあると思います。

 

このレンゲ1杯が約10gなのです。

 

仮に30gの場合はレンゲ3杯分です。

 

猫ちゃんは人間と同様、一日に3回に分けて与えるのが一番良いフードの与え方とされています。

 

30gを3回に分けると10g。

 

つまりレンゲ1杯分。

 

「ちょっと少なすぎて猫ちゃんかわいそうじゃない?」と思われる飼い主さんもいらっしゃると思いますが、与えたいだけ与えてしまうと肥満体型になってしまいますよ!

 

生後1年ぐらいから体重に合わせて給餌量を減らしていかなければなりません。

 

今現在太り気味の猫ちゃんはこの表から10%ぐらい量を減らし、逆に痩せ気味の猫ちゃんは10%ぐらい量を増やしてあげるなど、猫ちゃんの状態によって調整していきましょう。

 

猫ちゃんは自分で体重のコントロールが出来ないので、飼い主さんが心を鬼にして体調管理をしてあげて下さいね。

 

また猫ちゃんは生後3週間ほどで乳歯が生えてくるので、母乳から離乳食に切り替える時期になります。

 

乳歯が生え始めの頃は固いフードは食べられないので、ぬるま湯につけふやかして柔らかくなったら与えましょう。

 

栄養満点のカナガンなので子猫ちゃんのうちから与えることをおススメします。

 

最後になりましたがカナガンを定期コースで申し込むと、2回目に送られてくる商品と一緒に計量スプーン(スクープ)もついてきます。

 

このスクープは1杯が約20g。

 

単品購入ではスクープはもらえないので、スクープが無いご家庭では「レンゲ」を使用するのがおススメです。

 

「まとめ」
猫ちゃんの健康を考えて選んだカナガン。

 

もっと健康で過ごして貰う為、猫ちゃんに合った給餌量をしっかり守りましょう。

 

「少なくてかわいそう。」と思っても、それは猫ちゃんの為にはなりません。

 

いつまでも健康な猫ちゃんでいて欲しいですね。

 

 

>>今すぐ無料でカナガンを試したい方は必見!
※当サイトでは、カナガン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のカナガン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m